トップページへ戻るEnglish
 
Home > わさびのマルイのこだわり:品質へのこだわり

わさびのマルイのこだわり 品質へのこだわり

 

口から鼻に抜ける「瞬間の味覚」が、わさび本来のおいしさ。だからこそ、鮮度の追求が品質を高めます。

清冽な水と冷涼な空気の里、安曇野に育つ、吟味、厳選された素材

日本一のわさび生産地「安曇野」に本社・工場を構える当社は、その地の利を最大限に活用しています。収穫されたわさびは伏流水を使用し、その日のうちに一次加工され、急速冷凍室で保管されます。

当社工場では加工工程を始め原料としても、年間を通じ水温が安定した北アルプスの伏流水を利用しています。

契約農家のわさび田

安曇野わさびは、平地式と呼ばれるわさび田で栽培されます。
北アルプスの伏流水を利用するため、場所による水温の変化が少なく、安定した品質のわさびが収穫できます。

契約農家への栽培方法の指導や、栽培履歴の作成依頼など、品質の高い原料を調達するための努力を続けています。

 

HACCPの基準に対応した手法で、最高品質の加工わさびを製造。

1999年に完成した本社工場は、HACCP(Hazard Analysis Critical Control Point)の基準に対応した管理手法が導入されています。

工場入り口には、エアーシャワーを設置。エアーフィルターを通し、外気圧より高くしているため、外気を遮断。工場内の温度管理も徹底されています。

 


製造部と研究室。両部門の徹底検査で、商品の「安心・安全」を守る。

ISO9001の認証を取得し、ISOの基準に対応した品質管理を行っています。

製造工程内の品質管理は、製造部が中心となり検査を実施。入荷される原料のサンプル検査と保管、製造ラインや製品の微生物検査、地下水や排水の水質検査などは、研究室で管理しています。

製造工程(プロセス)

 


原料の入荷から出荷までを管理し、トレーサビリティーに対応。

入荷される原料を、ロットごとに検査し保管。工程内で行われる検査記録も保管し、トレーサビリティーに対応しています。
また契約農家に対しては、栽培記録の保管を徹底。これら記録の一元管理を実施しています。

安心・安全な商品をお届けするために、これからも品質管理のさらなる充実に取り組んでまいります。

製造工程内の品質管理

マグネットやフィルターを利用し、原料に混入した異物を除去。金属探知器での検査も、各段階で行っています。

また品質管理・衛生管理のマニュアルを作成し、研修会も実施。作業者の意識向上にも、常に取り組んでいます。

製造工程(プロセス)

研究室での科学的検査

入荷される原料は、ロットごとにサンプルをとり、研究室で徹底した検査が行われます。

微生物や異物など原料の状態に関する検査だけでなく、辛味や香りの検査も実施。基準に満たない原料は、この段階でチェックされ、工程から排除されます。

 
トップページへ
 

Copyright © 2013 Marui All Rights Reserved.

(株)マル井はISO 9001を認定登録いたしました。